アクセスカウンター
山紫水明のマクロのページ
公開 2005年1月23日

 ここには秀まるおのホームページのマクロライブラリに登録してある秀丸エディタ用および秀丸メール用マクロのうち,登録後修正を加えたマクロを置いています。
 マクロの説明書はここのマクロには付属していません。ライブラリ登録のマクロの付属説明文書をご覧ください。
 またライブラリ登録後の修正点についてはここに書いていますが,各マクロ末尾にも示しています。
 拙作マクロについての問い合わせは「秀シリーズサポートフォーラム・公開マクロ サポート会議室」(秀丸エディタ関連)(秀丸メール関連)にお願いします。
秀丸エディタマクロ      秀丸エディタのマクロライブラリ
 

マ ク ロ 名バージョン登 録 日
 
重複行を削除する簡易マクロ (EraseSameLine.mac)2.14β42017.2.21 ダウンロード
    削除行のハイライト表示および削除しないで重複行をハイライトするオプションを追加しました。(2.14β3)
    検索条件が維持されない場合があるバグを修正しました。(2.14β4)
 
スペース区切りで複数語GREPができるマクロ (AndGrep.mac)2.042β22017.2.19 ダウンロード
    OR 検索ができなくなっていたレベルダウンを修正しました。
    正規表現でない検索で正規表現のキャラクタ文字が使われている場合の処理を修正しました。
 
総合連番マクロ (NumberingX.mac)3.07β2017.1.23 ダウンロード
 改版履歴
 
文字数・語数を数えるマルチマクロ (MultiCount.mac)1.08β2016.12.24 ダウンロード
    英単語カウントの後にアルファベットをカウントした時の不具合を修正しました。
    "\\" 記述のバグを修正しました。
 
注と本文を対照して見るマクロ(注挿入機能付き)(JumpToNote.mac)3.00β320015.11.15 ダウンロード
 改版履歴・使い方補足
 
短文・定型文を挿入するマクロ(InsertPhrase.Mac)1.02β2015.9.19 ダウンロード
    定型文ファイルのが秀丸エディタのシステムフォルダに作られていたのを
    マクロ用フォルダにできるようにしました。
    MyMacro.ini と MyPhrase.txt の二つのファイルをマクロフォルダに移動して下さい。
    田楽DLLはマクロ用フォルダにも置けるようにしました。(1.01)
    タイトルで正規表現のメタキャラクタ文字を使えない制限をなくしました。(1.02β)
 
統合削除マクロ (MultiDelete.mac)1.022014.12.18 ダウンロード
    秀丸エディタのバージョンアップにより,条件文の中に && と || が混在す
    ると警告が出ることがありますので,その箇所を修正しました。機能上の変
    更はありません。(1.01)
    複数語の否定削除を修正(HmJre.dll の修正にともなう)しました。(1.02)
 
 
行の並べ替え簡易マクロ (ArrangeLine.mac) 1.042013.11.14 ダウンロード
 改版履歴
 
日付と時刻の簡単マルチマクロ(MultiDateTime.mac)2.012013.3.18 ダウンロード
    日付と時刻を改行してポップアップする時に,頭に余分なスペースが入る
    のを修正しました。
 
折りたたみ保存と処理マクロ (ReserveFold.mac)1.032012.7.17 ダウンロード
    折りたたみが連続している場合も,折りたたみを保存するように修正しました。
 
前後行表示・2行渡り検索・結果強調Grepマクロ (Zengogyo.mac)3.262012.3.26 ダウンロード
 改版履歴
 
ファイルを連結するマクロ (ConnectFile.mac)1.032010.11.29 ダウンロード
    フォルダ内ファイルのソート方法の選択を追加しました。(1.02)
    ファイル名挿入のオプションが無効になるバグを修正しました。(1.03)
    区切り線挿入オプションを追加しました。
    ※秀丸エディタ Ver.8.00 以上が必要です。
 
ファイルを均等または行数,字数,特定文字列を基準にして分割するマクロ  
   (DivideFile.mac)
1.032009.12.21 ダウンロード
    (1)分割数が多くなるとエラーになるので,分割したファイルは閉じるようにしました。
    (2)文字による分割の時,カーソル位置の単語を初期値として取り込むようにしました。(Ver.1.01)
    (3)「ファイルを均等あるいは特定文字列を基準にして分割するマクロ」から名称を少し変更しました。
    (4)行数,字数による分割機能を追加しました。
    (5)田楽DLL導入して,ダイアログによる設定にしました。(Ver.1.02)
         (秀丸エディタ Ver.8.00 以上が必要です)
    (6)「分割結果の内訳」表示を追加しました。(Ver.1.03)
 
二つのファイルの内容を比較するマクロ (FileComp.mac) 2.62006.5.13 ダウンロード
    OS の自動選択ができるようにしました。
 
 
クリップボードの履歴の並べ替え & まとめて貼り付けるマクロ
    (AllReversePaste.mac)
1.012006.4.30 ダウンロード
    区切りを入れるオプションを追加しました。
 
 
折りたたみマクロ (Fold.mac)2.042005.10.20 ダウンロード
    2カ所のマークがあればその間を折りたためるようにしました。
 
 
縦書きマクロ (Tategaki.mac)1.032005.9.13 ダウンロード
 
 
簡単複合整形マクロ (PluralReform.mac)3.022005.7.27 ダウンロード
 
 
画面表示のまま整形するマクロ (ReformX.mac)1.052005.5.25 ダウンロード
 
 
CSVファイルを整形して表を作成するマクロ (ReformCSV.mac)2.132005.3.19 ダウンロード
 

秀丸メールマクロ     秀丸メールのマクロライブラリ
 
 
送信済みメールを送信元のフォルダに保存するマクロ
    (HMMReturnToFolder.mac)
1.122011.11.4 ダウンロード
 改版履歴
   

添付ファイルを指定されたフォルダに保存するマクロ
    (HMMSaveAttach.mac)
1.082011.7.25 ダウンロード
  保存後すぐにファイルを開くオプションを追加しました。
 改版履歴
 
 
秀丸メール複合印刷マクロ (秀丸メール一括印刷マクロを改名)
    (HMMJointPrint.mac)
1.142011.5.5 ダウンロード
    (1)範囲選択した場合に通常の印刷ができるようにしました。(Ver.1.09)
    (2)閲覧モードの時の動作を修正しました。
    (3)範囲選択した時にヘッダも印刷するオプションを追加しました。(Ver.1.10)
    (4)マクロ名を変更しました。
    (5)Html メールのインライン表示の場合はブラウザーで表示して印刷できるようにしました。(Ver.1.11)
    (6)メール作成時の設定で「新規メール時は毎回テンプレートを選択する」にしている時の不具合を修正しました。(Ver.1.12)
    (7)起動しない場合があるバグなどを修正しました。(Ver.1.13)
    (8)2つ以上のメールを選択し,ヘッダの印刷を「表示通り」にしたときに,本文が印刷されないバグを修正しました。(Ver.1.14)
 
送信前に宛先を確認するマクロ (HMMCheckAdrs.mac)1.142009.2.4 ダウンロード
 改版履歴
 
複数宛先を一人宛に分割して送信するマクロ (HMMDivideAdrs.mac)1.132009.1.16 ダウンロード
 改版履歴
 
秀丸メールと秀丸エディタを自由に往来するマクロ (HideTuru.mac)1.212007.4.29 ダウンロード
 改版履歴
 
複数のひな型(テンプレート),定型文,署名を使い分けるマクロ
    (HMM_Insert.mac)
1.092006.9.4 ダウンロード
    テンプレートなどをサブフォルダにも保存できるようにしました。
    範囲選択状態からはすぐに定型文などの編集になるようにしました,など若干の微修正
    ファイル名 TK_Insert.mac → HMM_Insert.mac
 
 
フォルダ内のアドレスを一括してアドレス帳に登録するマクロ
    (HMMSupplementAdrs.mac)
2.012005.10.23 ダウンロード
    検索結果を重複を除きすべて追加するオプションを追加しました(マクロ名も変更)
 
 
フォルダを登録して移動やコピーをするマクロ
    (TKFrequentFolder.mac)
1.012005.3.29 ダウンロード
    エディタウィンドウからも実行できるようにしました。
 
 

【使用条件】
・本欄のマクロはフリーソフトウェアです。
・マクロの著作権は,山紫水明にあります。
・マクロ使用によって生じたいかなる損害についても,作者は一切の責任を負いません。
・マクロを改変して私用に供するのは自由です。改変マクロを再配布する場合は,もとのマクロ名と作者名をマクロに明記してください。